走ると膝の下が痛くなるあなたへ

  • URLをコピーしました!
走ると膝の下が痛くなるのはどうして?

皆さんこんにちは。柏鍼灸整骨院の山野辺です。この度はブログにお越し頂きありがとうございます。今回は膝の痛みについて解説していきます。膝の痛みのなかでも運動をした後にでる膝のお皿の下の痛みについてです。ランニングをされる方やジャンプ競技をされる方に多いです。

膝の下の痛みについて

膝の下には何があるのでしょうか?

膝の下には膝を支える靭帯があります。「膝蓋靭帯」と言う名前の靭帯があります。この靭帯は膝を支えるとともに体の重心が前に傾いた時に体を支えるポイントになります。

ちなみに筋肉と靭帯は役割が違うのですが、大きい意味では同じ組織から出来ています。

この膝蓋靭帯は太ももの前の筋肉の膝の付け根になります。ですから太ももの筋肉も使い過ぎているですね。

どんな時に痛みが出るの?

痛みが出る時は、重心が前にかかっている時です。走ったり、階段を下りる時だったリ、長時間立ち続けたときに痛みを出しやすいです。

イメージとしては太ももの前の筋肉が張っている時は膝下に痛みが出やすくなります。

自分で出来る予防法は?

自分で出来る予防法は、股関節の前のストレッチと太ももの前のストレッチが大事になります。基本的には太ももの筋肉を伸ばしていけば大丈夫です。

伸ばし方、ストレッチの仕方については様々ありますが、ベットから足を出して足を下すだけでも太ももの前が伸ばされます。角度が悪いと股関節を痛めやすので角度には気をつけて下さいね。

片方の足を曲げて正座の状態から仰向けに寝て太ももの前を伸ばすというストレッチも効果的です。左右ともにやってみて下さいね。

体に負担なくできるのはストレッチポールは効果的です。ポールの上で仰向けになるだけで股関節の前から太ももの前が伸びます。そのうえで横に揺れるのも効果があります。

なかなかストレッチをする時間もないなんて時はテーピングをおすすめします。テーピングは貼るだけで筋肉をサポートしてくれるので太ももにかかる負担や膝にかかる負担が減ります。当院でもテーピングを使用していますので、お気軽にご相談くださいね。

まとめ

膝の下に痛みが出る原因は膝の下にある膝蓋靭帯に痛みが出るからです。

重心が前に傾き太ももの前から膝蓋靭帯にストレスがかかり痛みが出ます。

ストレッチをして太ももの筋肉を伸ばしていく必要があります。ストレッチポールを使うと無理なくのばしていくことができます。チャレンジしてみて下さいね。

今回も最後まお読み頂ありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にご連絡ください。お待ちしております。

では、また次のブログでお会いしましょう!

お知らせ G・Wについて

令和6年4月28・29日5月3・4・5・6日は通常通りの営業となります。
柔道整復師・鍼灸師の医療オリンピック大会 日本全国3位の圧倒的手技を体感ください
(全国から集まった1,000人以上の柔道整復師、鍼灸師の中で東京予選1位、全国3位の成績をおさめました。)
お試しキャンペーン

6月30日までに
<予約の方に限り>

初回4980円(税込)

(通常1回7700円)

予約多数の為先着10名様のみ

➡あと3名

柏鍼灸整骨院 WEB限定割引
柏鍼灸整骨院へ お電話ください
LINEなら24時間予約受付中
患者様の声
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!