自分でできる膝痛予防法!

  • URLをコピーしました!

自分でできる膝痛予防法!

柏鍼灸整骨院膝治療専門

皆さんこんいちは、院長の山野辺です。

当院のブログにきて頂きありがとうございます。

この頃急に寒くなってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて今回は自分できる膝痛の予防について解説したいと思います。

膝が痛くななると歩く事が困難になって、外出することや旅行を楽しんだりすることがだんだんできなくなりますし、立ち上がるだけでも痛みが出るようになるので膝に痛みがでると本当に大変です。

そうならない為にも今回は膝痛の予防法について解説していきたいと思います。

まず大事なことは膝痛について理解しましょう!

膝は荷重関節と言って体の体重を支え、衝撃を吸収する、クッションの役目を果たしています。

なので普段からすごく負担がかかっているんですね。

そのため膝を治療をしなくてはならないシグナルを見落としガチです。

ですから、次の症状がもうすでに出ている方は専門機関を受診してくださいね。

  • 膝に水がたまる。
  • 寝ていてもズキズキする。
  • 階段を下りる時にズキッとする。
  • 歩いた後ズキズキする。
  • 膝の痛みで真っ直ぐ歩けない。

このような症状がないはまだセルフケアで予防できます。

次はセルフケアを紹介します!

まずはストレッチです。

膝の痛みで大事なのが膝の前にある大腿四頭筋と内側にある内転筋です。

注意点はストレッチをしているときに痛みや違和感が出てきたら中止してくだいね。

太ももの前の筋肉、大腿四頭筋を伸ばすストレッチは片方ずつ行います。

膝を曲げて片方だけ正座になります。そしてそのまま仰向けになります。

そのまま、30秒伸ばしてください。ストレッチがきつい時は足を少し外に題しても大丈夫です。

次は内転筋なのですがこれは胡坐みたいな形になります。

片方ずつ行いますが片足を伸ばしてその膝のお皿あたりにもう一方の足の足首をのせ、乗せた足の方の膝を下に押していきます。

そうすると内側の筋肉内転筋が伸びていきます。

予防法なのでやっぱり日常生活の癖にも注意です。

足を組んだり、女の子座り、片足荷重は膝に大分影響しますので注意が必要です。

今日から予防しましょう!

予防法をするのは一日でも早い方がいいです。先に延ばすと膝は直ぐに悪化します。

ですからこのブログを読まれている方は膝に不安がある方だと思いますので今すぐ実践してみて下さい。

まずは自分の癖を振り返ってみてくださいね。

もし何か疑問な点や不安な点がありましたらお気軽にご相談ください。

膝の治療はもちろんのこと、膝に痛みを出さない日常の生活のポイントについても

お答えします!

この度は最後までブログを読んで頂きありがとうございます!。

 

お知らせ G・Wについて

令和6年4月28・29日5月3・4・5・6日は通常通りの営業となります。
柔道整復師・鍼灸師の医療オリンピック大会 日本全国3位の圧倒的手技を体感ください
(全国から集まった1,000人以上の柔道整復師、鍼灸師の中で東京予選1位、全国3位の成績をおさめました。)
お試しキャンペーン

6月30日までに
<予約の方に限り>

初回4980円(税込)

(通常1回7700円)

予約多数の為先着10名様のみ

➡あと3名

柏鍼灸整骨院 WEB限定割引
柏鍼灸整骨院へ お電話ください
LINEなら24時間予約受付中
患者様の声
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!