体の不調は柏鍼灸整骨院へご相談ください!

千葉県柏市あけぼの1-1-23

月〜金:8時30分~20時30分
土日祝:8時30分~18時00分

04-7142-2525

膝の痛みを気にせず正座をしよう!

膝の痛みを気にすることなく正座をしよう

皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。この度はブログにお越し頂きありがとうございます。今回は膝の痛みと正座についてです。膝の痛みを抱える方「もう一度正座をしたい」と思っている方が多いです。もう一度正座ができるように解説していきます。

膝の痛みを良く知ろう!

膝の痛みの出る要因として、まず関節から痛みを出しているか、筋肉から痛みを出しているかです。そこを見分ける事によって正座ができるようになるまでの過程が違ってきます。

まず、膝のどこに痛みが出るかどんな時に痛みが出るのかです。

膝の痛みが出る場所を良く確認しましょう。「この辺が痛い」だと現状を確認することができません。まずは現状の確認が必要です。

見るポイントとして関節面に痛みが出ているのか太ももの筋肉に痛みが出ているのかです。まずはこれを見分けましょう。

 

どんな時に痛みが出るのか?は歩いている時に痛みが出る、膝を曲げると痛い、階段の上り下りが痛いなどがあります。

正座をするときのポイント

正座をするときは膝を深く曲げてその上に上半身が乗ります。その為膝と股関節と足首の柔軟性がとても大事になってきます。

膝・股関節・足首の連動が大事ですね。

膝の柔軟性をつける為には

膝の柔軟性をつける為にはどうすれば良いでしょうか?

膝に痛みのある方はまずの膝の筋肉を強化して膝を安定させるようにトレーニングをします。病院の先生からそのように指導を受けます。

ここが問題です。膝の筋肉を強化すると太ももの筋肉が硬くなり膝が曲がらなくなってしまいます。

膝の筋肉が硬くなり曲がらなくなってしまうと歩くのも大変になりますし、曲がりにくくなるので正座ができなくなってしまいます。

ここがポイントです。太ももの筋肉が硬くなってしまうと筋肉が伸びなくなり正座ができなくなってしまいます。

正座をするポイントは太ももの筋肉の柔軟性なんです!

太ももの筋肉の柔軟性

太ももの筋肉の柔軟性をつける為にはストレッチがとても重要です。太ももの前を伸ばすとともに膝の裏側と股関節も一緒に伸ばしていきましょう!

まとめ

正座をするポイントは太ももの前の筋肉です。ここを伸ばしていくと膝の動きがとても良くなります。痛みが強い方無理して行わないでくださいね。

膝の痛み予防の為に行っていたトレーニングが逆に膝を曲げる障害になっていた可能性があるんですね。何事もやり過ぎ注意です!。

今回も最後までお読み頂ありがとうございます。何か疑問点、ご質問があるようでしたらお気軽に当院までご連絡下さいね。お待ちしております。

ではまた次のブログでお会いしましょう!

当院についてさらに見る

営業時間

柏鍼灸整骨院は「予約優先」です。
時間祝日
08:30〜12:30
14:00〜20:30
08:30〜18:00
月〜金:8時30分~20時30分
土日祝:8時30分~18時00分
受付時間外も施述できます。ご相談ください。
定休日:不定休

アクセス

店舗名
柏鍼灸整骨院
代表
山野辺 昇(ヤマノベ ノボル)
住所
〒277-0841  千葉県柏市あけぼの1-1-23
電話・FAX番号

TEL:04-7142-2525

アクセス
柏駅から徒歩4分
どうしていいのかわからい方1度ご相談ください
アクセスマップ

PAGE TOP