腰痛がある方の冬に気を付けること

  • URLをコピーしました!
柏市腰痛坐骨神経痛専門柏鍼灸整骨院

皆さんこんにちは柏鍼灸整骨院院長の山野辺です。この度はブログにお越し頂きありがとうございます。今回は寒くなってくると腰や関節に痛みが出てきやすいですね。寒さによって痛みが出る場合の対処方を解説します。

腰痛がある方の冬に気をつけること。

寒くなるなると腰痛を抱えている人は症状が悪化する場合がありますし再発する場合があります。原因は多く考えられますが冬になると一番大きい原因が寒くなると筋肉が硬くなるという事です。硬くならない方法と痛みが出た時の対処方を考えていきましょう。

寒くなるとどうして筋肉が硬くなるの?

皆様寒くなると筋肉が硬くなるという事はご存知だと思います。冬になると動物は冬眠するぐらいなので人間も冬には強くありません。寒くなると体の代謝が落ちるため血流が遅くなります。血流は体温を保つ作用がある為血流が遅くなると体温も上がりにくくなります。血流がめぐらないと筋肉も硬くなりやすいですね。冬になると悪循環になりますね。筋肉が硬くなるとぎっくり腰や腰痛再発の要因になりますね。

寒さに負けない為には!

寒い時に気を付けることは、当然体を冷やさない事ですね。

冷やさないポイントは

  • 首、手首、足首をださない
  • 臍下を温める(ホッカイロ等)
  • きつい洋服を着ない
  • 葛根湯や葛湯を飲む

以上のことを気を付けると体が冷えにくく温まりやすいですね。ちなみに風邪の予防にもなります。試してみて下さいね。

痛みが出たらどうしよう?

ぎっくり腰のような急性の強い痛みが出たら、我慢せずに治療院に相談して下さね。

腰が硬くて痛いや、重いや、伸びないなどの強い痛みが出ていない時が非常に重要です。この時に無理をするとすぐにぎっくり腰になります。とても注意が必要です。この時に大事なことは、痛みを感じているポイントと臍の下を温めることです。そのあとにストレッチをして硬くなった筋肉を伸ばしていきましょう。

臍の下を温めると腸の動きが良くなるので体の代謝が上がりますのでとても重要です!

まとめ

冬になると体の代謝が落ちてくるので腰痛のある方は気を付けないと悪化します。冷やさないポイントを実践してみて下さいね。特に大事なのが臍の下です。臍の下を温めると体は非常に温まりやすいですよ。見落しがちなのが、冷たい飲み物ですね。暖かい飲み物にしてくださいね。

寒くなって体に違和感や異常を感じたらすぐにご相談下さいね。早め対応が大事ですよ!。

今回も最後までお読み頂ありがとうございます。わからところや質問などがありましたらお気軽にご相談下さいね。お待ちしております。

お知らせ G・Wについて

令和6年4月28・29日5月3・4・5・6日は通常通りの営業となります。
柔道整復師・鍼灸師の医療オリンピック大会 日本全国3位の圧倒的手技を体感ください
(全国から集まった1,000人以上の柔道整復師、鍼灸師の中で東京予選1位、全国3位の成績をおさめました。)
お試しキャンペーン

5月31日までに
<予約の方に限り>

初回4980円(税込)

(通常1回7700円)

予約多数の為先着10名様のみ

➡あと3名

柏鍼灸整骨院 WEB限定割引
柏鍼灸整骨院へ お電話ください
LINEなら24時間予約受付中
患者様の声
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!