体の不調は柏鍼灸整骨院へご相談ください!

千葉県柏市あけぼの1-1-23

月〜金:8時30分~20時30分
土日祝:8時30分~18時00分

04-7142-2525

椎間板ヘルニアの方の日常生活の注意点!

椎間板ヘルニアの方の日常生活の注意点

皆さんこんにちは。柏鍼灸整骨院の山野辺です。この度はブログにお越し頂きありがとうございます。今回は椎間板ヘルニアの方の日常生活の注意点を解説していきます。注意点と言うのは、痛い動きですね。この痛い動きをしていかなければ椎間板ヘルニアは悪化しないので注意点をよく探しましょう。

椎間板ヘルニアを良く知ろう!

椎間板ヘルニアは腰の骨と骨の間にある椎間板が後ろに飛び出して血管神経に影響を与えてしまい痛みや痺れの症状が出てしまいます。

原因としては力仕事が多い、腰に過度の負担をかけている、同じ姿勢を長時間続けている。

等があります。何かしらの負担を腰に掛けているんですね。その結果腰の筋肉で負担を支えられなくなり腰の骨で負担を支えるようになります。その結果腰の骨でも負担を支えられなくなりクッションである椎間板が耐えられなくなり後ろに飛び出してしまいます。

みんながやっている健康法

皆さんがやっている健康法の中で一番やってはいけないのが「筋肉トレーニング」です。

腰の筋肉が弱っているから椎間板ヘルニアになると思って筋肉トレーニングをされる方が多いです。

結果として筋肉トレーニングをして椎間板ヘルニアが改善された方はいません。

なぜでしょうか?

それは椎間板ヘルニアが腰にかかる過度の負担が原因だからです。平たく言えば腰の使いすぎです。腰の筋肉を使い過ぎて痛みを出しているのにこれ以上腰の筋肉をトレーニングして負荷をかけたら悪化してしまいます。

その結果治りません。

椎間板ヘルニアを改善していく健康法

ではどうすれば良いのでしょうか?

答えは筋肉を緩めていくことです。筋肉の柔軟性を付けて腰にかかる負担を減らすことです。そうすると腰かかる過度のストレスが軽減してきて椎間板ヘルニアの症状は落ち着いてきます。

ストレッチやヨガがおすすめです。リラックス効果や筋肉の柔軟性をつけるのに効果的です。注意点としては腰の痛みが強い時はまず無理にストレッチをせずに腰の治療をしましょう。

座り方の注意点として猫背にならない事です。腰が丸くなってしまうと腰骨の後ろにストレスがかかりヘルニアになりやすくなります。常に気を付けるのは難しいと思いますが1時間に一回は腰を伸ばしてあげましょう。

まとめ

まとめとして注意点は筋肉トレーニングをしてはいけません。筋力を強化すると椎間板ヘルニアが悪化してしまいます。

筋肉の柔軟性をつけるストレッチやヨガをオススメします

今回のブログで何かわからないところ疑問に思うところがありましたら当院までお気がるにご連絡下さい。

今回も最後までお読み頂ありがとうございます。ではまた次のブログでお会いしましょう!

当院についてさらに見る

営業時間

柏鍼灸整骨院は「予約優先」です。
時間祝日
08:30〜12:30
14:00〜20:30
08:30〜18:00
月〜金:8時30分~20時30分
土日祝:8時30分~18時00分
受付時間外も施述できます。ご相談ください。
定休日:不定休

アクセス

店舗名
柏鍼灸整骨院
代表
山野辺 昇(ヤマノベ ノボル)
住所
〒277-0841  千葉県柏市あけぼの1-1-23
電話・FAX番号

TEL:04-7142-2525

アクセス
柏駅から徒歩4分
どうしていいのかわからい方1度ご相談ください
アクセスマップ

PAGE TOP