体の不調は柏鍼灸整骨院へご相談ください!

千葉県柏市あけぼの1-1-23

月〜金:8時30分~20時30分
土日祝:8時30分~18時00分

04-7142-2525

柏でヘルニアの痛みに湿布は効果があるのかお悩み方へ

ヘルニアの痛みに湿布は効果があるの?

皆さんこんにちは柏鍼灸整骨院の山野辺です。この度はブログにお越し頂きありがとうございます。今回はヘルニアの痛みに対して湿布は効果があるのかどうかを解説していきます。まだまだ寒さが厳しいので寒さと冷えにに気を付けていきましょう。

椎間板ヘルニアに湿布は効果があるの?

椎間板ヘルニアの痛みの出る原因として、筋肉の硬さによる痛みと神経を圧迫しての痺れが原因です。その症状に対して湿布は効果があるのでしょうか?

結果として自分の今までの経験からすると患部に直接貼るだけだと効果は低いです。

ただし使い方によっては効果が変わってきます。

湿布の効果、目的

湿布の効果は消炎効果と沈痛効果です。消炎鎮痛剤の薬品が含まれています。ここで気を付けないといけないのが湿布には冷やす効果はありません。冷たい湿布は冷たい感じがするだけで冷やす効果は少ないです。表示には「冷感」と書いてあります。文字のとおり冷える感じがするだけです。冷やしたければ「冷却」と書いてある湿布を買いましょう。

ヘルニアの痛みと痺れが強い時は冷やした時が良い場合があります。そうゆう時はアイスパックで冷やすか、冷却効果のある湿布をしましょう。炎症が落ち着くと痛みと痺れが落ち着く場合があります。

湿布の一番の目的は沈痛効果です。ヘルニアに関してはやはり原因が奥にあるので痛み止めの成分は届き辛いですね。気持ちいい効果はあります。

では使い方なのですが、患部に直接貼っても効果は薄いので腰を支えているふくらはぎに貼ると効果があります。椎間板ヘルニアの方は腰に痛みがあるので足で重心を支えています。その為足の負担が少なくなるだけでも腰にかかる負担も減るし、立ち方も変わるので非常に効果があります。

注意点

どんな湿布でも効果があるわけではありません。「消炎・鎮痛」と書いてある湿布を選びましょう。「ロキソニンテープ」は湿布ではないです「痛み止め」に分類されますので使い方が異なります。

痛い患部だけでなく腰を支えている筋肉も意識して貼るとなお良いですね。

まとめ

まとめると湿布を患部にだけ貼るだけだと効果が低いです。腰を支えている足にも一緒に貼っていきましょう。そうする事によって湿布の効果が上がってきます。足の負担が少なくなると立ち方が良くなるので非常に効果的です。もっと詳しい湿布の使い方が興味がある方は是非当院までお問い合わせくださいね!。

では、今回も最後までお読み頂きありがとうございます。何か気になる点、疑問な点がありましたらお気軽に当院までご連絡下さいね。お待ちしております。

ではまた次のブログでお会いしましょう。

 

椎間板ヘルニアについてもっと詳しく知りたい方はこちらのバナーをクリックしてくださいね。

当院についてさらに見る

営業時間

柏鍼灸整骨院は「予約優先」です。
時間祝日
08:30〜12:30
14:00〜20:30
08:30〜18:00
月〜金:8時30分~20時30分
土日祝:8時30分~18時00分
受付時間外も施述できます。ご相談ください。
定休日:不定休

アクセス

店舗名
柏鍼灸整骨院
代表
山野辺 昇(ヤマノベ ノボル)
住所
〒277-0841  千葉県柏市あけぼの1-1-23
電話・FAX番号

TEL:04-7142-2525

アクセス
柏駅から徒歩4分
どうしていいのかわからい方1度ご相談ください
アクセスマップ

PAGE TOP