坐骨神経痛の為に股関節にグッキっとする痛みが出る方へ

  • URLをコピーしました!
坐骨新家痛の為に股関節の痛みの出る方へ

皆さんこんにちは。柏鍼灸整骨院の山野辺です。この度はブログにお越しいただきありがとうございます。今回は坐骨神経痛の中でも股間節にズキッとくる痛みに関して解節していきたいと思います。今年は本当に寒いですよね。冷えは腰の痛みの大敵なので冷やさないように気を付けましょう。

まず坐骨神経痛とは?

腰痛の方で坐骨神経痛の名称を聞いた事がない方はいないぐらい有名ですよね。坐骨神経痛のおさらいです。坐骨神経痛とは、腰から足に流れる神経が「坐骨神経」と言います。

この坐骨神経沿いの痛みを坐骨神経痛と言います。この中に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症も含まれレントゲン等の検査によって分類されていきます。一般的にはそれ以外の症状が坐骨神経痛と言われます。多くの方がこの症状ですね。

股関節の痛みとは?

坐骨神経痛は股間節の痛みもよく一緒に出ます。その理由は多くの坐骨神経痛の原因は股関節の筋肉の硬さから来ているものが多いからです。

股関節の筋肉は大きい筋肉から小さい筋肉まであります。その中でも有名な筋肉が「梨状筋」という名前の筋肉です。この筋肉の下に大きな血管と坐骨神経が通ります。その為この梨状筋が緊張して硬くなると神経と血管を圧迫して坐骨神経痛の症状が出ます。

結果としてお尻の筋肉が硬くなります。その為、動き始めではお尻の筋肉を使うので筋肉の硬いところではズキっとした痛みが出やすいんですね。

自分で出来る対処方

自分で出来る対処方はまずは冷やさない事です。冷やすと筋肉が硬くなるので悪化する可能性が非常に高くなります。症状が強い人はホッカイロなどでお尻の筋肉を温めましょう。

次はお尻の筋肉を伸ばすストレッチですね。いろいろなやり方がありますが、一番簡単なのが、仰向けで寝て膝を胸の位置までもっていき、反対側の方の肩に向かって伸ばしていくストレッチが一番やりやすいです。

股間節のストレッチと共にふくらはぎも一緒に伸ばしましょう!。ふくらはぎは腰を支える大事なポイントです。一緒に伸ばすとても効果的ですよ。

まとめ

坐骨神経痛の方はお尻の筋肉、が原因の方が非常に多いです。その為に股関節にズキっとする痛みが走る方が多いです。

お尻の筋肉を温める事、ストレッチで良く伸ばす事実践してみて下さいね。とても効果的ですよ。

もしやり方に疑問や不安がある方はお気軽に当院までご連絡下さいね。お待ちしております。

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございます。ではまた次のブログでお会いしましょう。

お知らせ G・Wについて

令和6年4月28・29日5月3・4・5・6日は通常通りの営業となります。
柔道整復師・鍼灸師の医療オリンピック大会 日本全国3位の圧倒的手技を体感ください
(全国から集まった1,000人以上の柔道整復師、鍼灸師の中で東京予選1位、全国3位の成績をおさめました。)
お試しキャンペーン

7月31日までに
<予約の方に限り>

初回4980円(税込)

(通常1回7700円)

予約多数の為先着10名様のみ

➡あと3名

柏鍼灸整骨院 WEB限定割引
柏鍼灸整骨院へ お電話ください
LINEなら24時間予約受付中
患者様の声
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!