体の不調は柏鍼灸整骨院へご相談ください!

千葉県柏市あけぼの1-1-23

月〜金:8時30分~20時30分
土日祝:8時30分~18時00分

04-7142-2525

ヘルニアの痛みと痺れが強く眠れない方へ

ヘルニアの方の寝方

皆さんこんにちは柏鍼灸整骨院の山野辺です。この度はブログにお越しいただきありがとうございます。今回はヘルニアの方の寝方について解説していきます。ヘルニアの症状が強い痛みと痺れが強くなりうつ伏せや仰向けで寝るのが困難な時があります。そんな重度のヘルニアの方の寝方について解説していきます。

ヘルニアのになると眠るのも辛い?

ヘルニアの症状は様々です。痛みや痺れが強くなるとうつ伏せや仰向けもできなくなってきます。原因としては、ヘルニアは腰の骨の動きに影響を受けるのでうつ伏せや仰向けだとダイレクトにヘルニアに影響を与えるので痛みや痺れが強く出ますね。

痛みを我慢しているために筋肉が硬くなり布団に横になるのがタ大変な時があります。そうゆう場合は周りの筋肉を緩めてから横になるといいです。

どうやって寝たらいいの?

寝方は横向きに寝ると良いです。上の画像のように抱き枕に寄りかかって眠れるとよりいいですね。

抱き枕がない時は横向きになって上になっている方の足を前に出してその足の膝のあたりにクッションを入れて下さい。そうすると安定するので試してみて下さいね。

横向きの向きは向きやすい方が上で大丈夫ですよ。

自分で出来るセルフケア

寝方も大事ですが寝る前のセルフケアができるととってもいいです!。

セルフケアで大事なポイントは、腹筋と太ももの前の筋肉ですね。ヘルニアの痛みを我慢しているとどうしても前かがみになります。そうすると前側の筋肉が硬くなってしまいます。結果として体が硬くなってしまいます。そうすると体が伸びなくなるので寝る姿勢がつらくなりますね。

太ももの前は良く上から下に向かって擦ってあげて下さい。簡単ですが効果が在りますよ。

腹筋を緩める為には、一番簡単なのが臍の下を温める事です。ホッカイロなどで温めましょう。ヘルニアの痛みが良くなってきたら、ストレッチも増やしていくと良いです。

まとめ

ヘルニアの痛みと痺れで夜も眠れない方は、まず横向きで寝ましょう。抱き枕などで寄りかかれるものがあると良いです。

うつ伏せや仰向けは腰の骨にストレスがかかるのでオススメできません。注意してくださいね。

セルフケアのやり方で疑問な点や、わからない点がありましたらお気軽に当院までご連絡下さいね。よろしくお願い致します。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます。ではまた次のブログでお会いしましょう!

当院についてさらに見る

営業時間

柏鍼灸整骨院は「予約優先」です。
時間祝日
08:30〜12:30
14:00〜20:30
08:30〜18:00
月〜金:8時30分~20時30分
土日祝:8時30分~18時00分
受付時間外も施述できます。ご相談ください。
定休日:不定休

アクセス

店舗名
柏鍼灸整骨院
代表
山野辺 昇(ヤマノベ ノボル)
住所
〒277-0841  千葉県柏市あけぼの1-1-23
電話・FAX番号

TEL:04-7142-2525

アクセス
柏駅から徒歩4分
どうしていいのかわからい方1度ご相談ください
アクセスマップ

PAGE TOP