千葉・柏で椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・膝の痛み・股関節の痛みでお悩みなら柏鍼灸整骨院へご相談ください!

柏鍼灸整骨院

柏駅から徒歩4分
どうしていいのかわからい方1度ご相談ください。
新患の方随時受付中

住 所
千葉県柏市あけぼの1-1-23
営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

柏鍼灸整骨院のブログ

足のつき方によって股関節の痛みが違う方へ。

    • 柏の股関節の痛み

【足のつき方によって股関節の痛みが違う方へ。】 皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。 今回は、股関節の痛みについて解説していきます。 歩き方や、足のつき方によって股関節の痛みの出かた・もしくは痛みが出ないという症状でお悩みの方は多いと思います。 股関節の痛みは、使い方によって痛みの程度や、痛みの出方が変わってきます。 股関節の痛みがある方で足のつき方を探しながら歩いている方も多いと思います。 どうして症状に変化が出るのか一緒に考えていきましょう。 股関節の構造を確認しよう。 歩き方や、使い方によって症状が変わるのは股関節の構造によるものです。 股関節の構造は骨盤と足の付け根の骨が関節を作りその周りを多くの筋肉で覆っています。 ここで、ポイント何ですが、足のつく角度で症状が変わるという事は、骨や関節が原因で痛みを出している可能性が低いですね。骨や関節で痛みが出るのであれば、角度の変化で症状は変わらないですね。常に同じ痛みが出るはずです。 ですから症状が変わる時は、その周りを支えている筋肉が要因である事が多いですね。 筋肉はいろいろな方向から、関節を支えているので、痛んでいる筋肉に負担がかかる時に痛みが出るんですね。ですから痛みが強くなる時に負担がかかっている、筋肉が治療ポイントになります。 しっかりと確認してみましょう。 足のつき方によって痛みが違うのはどうして? 足のつき方によって痛みに変化がでるのは、足のつく角度によって股関節を支える筋肉が変わってしまうからです。 ですからその痛みが出る角度をしっかりと確認しておきましょう。 その足のつく角度で動いている筋肉が一番いたんでいる筋肉になります。 痛んでいる筋肉を改善しよう。 痛んでいる筋肉は、股関節を支える筋肉になります。股関節の筋肉を緩めて行けば効果が出ます。 股関節の筋肉は大きいので伸ばす角度によって変化が出ますこの角度を探して伸ばしていけば痛んでいる筋肉を伸ばす事が出来ます。 歩く時の痛みを放っておくと 歩く時の痛みを放置しておくと、そのまま周りの筋肉も硬くなってしまいます。 ですから、痛みを感じる前に違和感が出た時早めに対処していきましょう。 まとめ 歩く時に足のつき方によって痛みが出る時は、その足をついた時に動いている筋肉が原因になります。しっかりと原因の筋肉を見つけて治療していきましょう。 今回のテーマで気になる点ご質問がありましたら、お気軽に当院までご連絡下さい。 お待ちしております。 今回も最後までお読み頂ありがとうございます。 ではまた次のブログでお会いしましょう。      

股間節の前側の痛みで歩くと激痛がでる方へ

    • 柏の股関節の痛み

【股関節の前側の痛みで歩くときに激痛が出る方へ】 皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。 今回は股間節の痛みについて解説していきます。 歩いていると股関節の前側に痛みが出て、重心をかけられず、痛みが出る方も多いですよね。 股関節の前側の構造はどうなっているのでしょうか?重心をかけるとどうして痛みが出るのか解説していきます。 股関節の前側には何があるの? まず、股関節の構造は、前側の筋肉・横側の筋肉・後ろ側の筋肉で覆われています。股関節の筋肉は周囲を筋肉が覆われいるので動く範囲が非常に広くできています。 特に前側にある筋肉は「大腿四頭筋」です。この筋肉は股間節と膝を結ぶとても重要な筋肉です。重心は基本的には前側にかかるので「大腿四頭筋」が動く事によって体を支えています。 その為股関節の前側に痛みが出る時はこの筋肉の付け根に痛みが出る状態になっています。体を支える筋肉なので、この筋肉に痛みが出ると、歩く度に衝撃が出るので痛みの要因になります。 股関節の前側の痛みを改善する為には? 股間節の前側の痛みを改善する為には、「大腿四頭筋」を緩めます。 この筋肉を緩めて固くしないように生活できれば、歩く度に出る痛みが改善していきます。 まずは太ももの前のストレッチですね。壁に手をついて、支えて膝を曲げて手で、足首を持ちましょう。そのまま足首を引っ張る事によって、太ももの前の筋肉を伸ばす事が出来ます。 反対側の手で掴んで交差するとよりストレッチする事が出来ます。 負担がかかりやすい理由は? 股関節の前に負担がかかりやすい理由は、立ち方・歩き方にあります。 重心が前にかかる姿勢を長時間続けていると負担がかかってしまう為に常に「大腿四頭筋」が固くなってしまいます。 まずは長時間同じ姿勢をしないようにしていきましょう。 姿勢のポイントとして「猫背」になっている姿勢が良くないですね。 ですから、まずは姿勢を改善するのですが、胸を張ったり・腰を反らす事ではありません。この姿勢をしてしまうと腰に負担がかかってしまうので、目線を上がるだけで充分猫背が戻ってきます。簡単に出来るので、是非試してみて下さいね。 まとめ 股関節の前側に痛みがでる原因は「大腿四頭筋」の付け根にあります。しっかりと筋肉を緩めて行きましょう。 良く温めるのも効果的ですよ。 今回のテーマで気になる点ご質問がありましたら、お気軽に当院にご連絡下さい。 お待ちしております。 今回も最後までお読み頂きありがとうございます。 また次のブログでお会いしましょう。      

股関節の痛みにお悩みの方へ~内転筋を緩めよう~

    • 柏の股関節の痛み

  【股関節の痛みを改善する為に内転筋を緩めよう。】 皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。 今回は股間節の痛みについて解説していきます。 股関節の痛みでお悩みの方は多いと思います。 歩いての痛みや、しゃがんでの痛み、階段の上り下りでの痛みなどでお悩みの方はおおいですね。 股関節の痛みを改善できるポイントを解説していきます。 股関節の構造から知りましょう。 股関節の構造は骨盤の骨と太ももの骨が関節を作って出来ているのが股関節になります。 この関節をサポートする為に前側・横側・後ろ側から筋肉で覆われています。 股関節は、全体を筋肉で覆われているので筋肉が固まってしまうと痛みや動きの制限が出てしまいます。 固さや痛みが出る場所によって症状と原因が変わります。前側に痛みが出ている時は足が上がりにくくなりますし、階段が上りにくくなります。 何処に症状が出ているのかどうして痛みが出たのかしっかり確認していきましょう。 股関節の症状を改善するポイントは? 股関節の症状を改善するポイントは内転筋にあります。 重心や負担がかかると外側に力がかかります。その為内側の筋肉でバランスを保ちます。 ですから内側の筋肉を緩めるのはとても効果があります。 内側を緩める為には、ストレッチが効果的です。 足首を反対側の膝の上に置いて膝を下に押して伸ばしていきます。そうすると内側の筋肉がストレッチされます。20秒伸ばしていきましょう。 股関節の固さを放置していると。 股関節の内側の痛みを放置していると、関節がどんどん固くなってきます。関節が固くなるとしゃがめなくなりますし、体重をかける時に激痛が出るようになります。 関節が固くなる前に症状を改善して関節の動きをつけていきましょう。 日常生活の中での予防法は? 予防法もあります。まずは、立ち方を確認しましょう。片方の足だけに重心が傾いたままの状態が続くと関節が固くなります。 歩き方も大事です。歩幅を狭くして歩いていると関節の動きが悪くなりやすいです。歩幅を広げて、腕を振って歩きましょう。動く範囲が広くなると、関節の柔軟性がつきやすくなります。 まとめ 股関節の動きを改善する為には内転筋を緩めて行きましょう。内転筋を緩めると骨盤と膝を結ぶ筋肉なので、柔軟性がつくと動きが改善します。 今回のテーマで気になる点ご質問がありましたら、お気軽に当院までご連絡下さい。 お待ちしております。 今回も最後までお読み頂きありがとうございます。 では、また次のブログでお会いしましょう。    

ランニング中だけ股関節の痛みが出てくる方へ。

    • 柏の股関節の痛み

【ランニングをしている時だけ股関節に痛みが出る方へ】 皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。 今回は走っていると、股関節に痛みが出てくる方へ解説していきます。 運動をしていると痛みが出てくる事は良くある事です。でもその痛みを出ないようにする為にはどうすればいいのか良く考えてみましょう。 走ると股関節の痛みが出る理由は? 走っているといると股間節に痛みが出る原因は多くあります。 その中で大きな要因は軸足になっている方の股間節に痛みがでやすですね。 足をつく時に負担がかかりやすい事、蹴り足の軸になり負担がかかりやすい事が上げられます。 ランニングをする前の準備体操と整理体操をしっかり行う事が大事です。 左右のバランスの違いが原因になりますのでしっかりと左右の柔軟性をつけて行かないといけません。 股間節の柔軟性をつけて行こう ランニング前後の柔軟性が非常に重要になってきます。 股間節のストレッチをする前に足首と、ふくらはぎの柔軟性をつけてから行いましょう。 足首の柔軟性は地面とのクッションになるので柔軟性があると非常に効果があります。 股間節のストレッチの方法は 足首を反対側の膝の上に置いて膝のお皿を下に押すように伸ばしていきます。その状態で20秒伸ばします。その後臍を中心に前かがみになります。すると股間節から腰のストレッチになりますのでとても効果的です。 最初はお風呂などで温まった後に行うと効果的です。 走り方のポイントもあります。 重心のかかり方に注意をすることは大事です。重心のかかり方とは、筋肉の使い方です。 簡単な解消法としてはランニングのコースを普段と反対周りで走ってあげると、筋肉のバランスが整います。 目線を意識しましょう。目線が下を向いていると重心の軸が崩れるのでより足に負担がかかってしまいます。目線を上げて走りましょう。 靴選びも重要です。自分のサイズに合っているのか、靴のなかで足が動いていないかが重要になります。靴の中で足が動いてしまうと、力が分散されてしまい、余計な力が働く為、痛みの要因になってしまいます。 まとめ 走る時に股間節に痛みが出る時は、重心のかかり方、足の筋肉の使い方に要因があります。しっかりと負担がかからないように筋肉の柔軟性をつけて行きましょう。 今回のテーマで気になる点ご質問がありましたら、お気軽に当院までご連絡下さい。 お待ちしております。 今回も最後までお読み頂きありがとうございます。 ではまた次のブログでお会いしましょう。  

股間節の痛みの原因は「軟骨が擦り減っているからだ」と言われた方へ。

    • 柏の股関節の痛み

【股関節の痛みの原因は軟骨が擦り減っているからだと言われた方へ】 皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。 今回は股間節の痛みについて解説していきます。 股間節に痛みが出てレントゲンの検査をすると「軟骨が擦り減っているのが原因です」と言われた事がある方も多いと思います。 今の股関節の痛みは本当に軟骨が擦り減っているのが原因なのでしょうか? 一緒に考えていきましょう!。 股間節の痛みの原因は軟骨? 股間節の痛みの原因が軟骨であれば、変形性股関節症の診断を受けます。 「軟骨が擦り減って関節の隙間がせまくなってますね。」と言われる事が多いです。 軟骨が減って痛みが出てるいるならば、足をついた時、重心をかけた時に激痛が出ますし屈伸が出来なくなります。 股間節の症状によっては痛みが強い時弱い時がある時があります。朝やお昼や夜に痛みの変化が出たり、温めたら調子が良くなったリと症状が変化します。 軟骨が原因であるならば、日によって痛みの度合いが違ったり、温めたりした時に症状に変化は出ません。 あなたのお悩みの症状は変化が出るタイプですかもしくは出ない方ですか? この変化が出るか出ないかによって対処方が変わります。 変化が出ないものは関節・骨が原因の可能性が高いです。 日によって変化が出るなどの症状は関節・骨以外の筋肉が原因で痛みを出していますね。 股関節の症状を思い出してみよう。 時間による変化、温度による変化、疲労による変化がある場合は関節・骨が原因ではありません。 骨が原因であれば温めても骨は変化しないですよね?骨はそう簡単に変化しない為です。 症状が変化する時は変化しやすい組織が影響を与えます。 それは「筋肉です」。 たとえ「軟骨が減っていますね」と言われても変化がある症状であるならば改善していきますね。ご自身で判断できない場合は一度ご連絡下さいね。 股関節の痛みを放置しておくと・・・ 股間節の痛みを放置したままにしておくと、腰に影響が出てきます。坐骨神経痛や、椎間板ヘルニアの要因になってしますのでしっかりと当初から改善していきましょう。 まとめ 変形性股関節症と診断されても、今の痛みの原因が軟骨ではない可能性が高いです。 しっかりと今出ている症状を確認して、治療をして行きましょう。痛み止めや湿布だけでは改善していきません。 今回のテーマで気になる点疑問点がありましたら、お気軽に当院までご連絡下さい。 お待ちしております。 今回も最後までお読み頂きありがとうございます。 ではまた次のブログでお会いしましょう。

股間節の痛みでしゃがめない為に靴の紐も結べない方へ

    • 柏の股関節の痛み

【股関節の痛みの為に靴紐も結べない方へ】 皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。 今回は、日常の生活の中でも多い靴紐を結ぶ時の痛みにです。股関節の痛みの為にしゃがめず靴紐を結ぶことができなくなった方も多いと思います。 靴紐が結べなくなるほどの痛みがあると日常の生活も大変になります。早期に改善していきましょう。 しゃがむ時はどうして股関節に痛みが出るの? 股間節の筋肉は、前側、後ろ側から囲むように筋肉が囲んでいます。この筋肉の動きが悪くなると股間節が曲がらなくなってしまいます。特に後ろ側のにある筋肉が痛みが出たり固くなってしまうと要注意です。 しゃがむときは股間節の動きだけでなく、膝や足首の動きが影響します。股関節の痛みの他に膝・足首の動きが悪くなっている時がありるので良く確認しましょう。 しゃがむ時の股間節の痛みを改善しよう。 股間節の痛みを改善する方法は、股関節の筋肉を緩めていかなければいけません。 股間節の筋肉を緩めていく方法は、 まずは、股関節の外側の筋肉を伸ばしていきます。膝のお皿が反対側の肩を目指して伸ばしていきます。膝の角度を変えながら伸ばしていくとお尻の筋肉が良く伸びます。 その次は膝のお皿を下に押すように伸ばしていきましょう。そうすると股関節の内側が伸ばされます。 20秒づつ伸ばしていきましょう。最初は伸ばし辛いと思いますが、少しづつ行っていって下さいね。 股関節が固くなる原因は? 股間節が固くなる理由は、痛みがある股関節の方に重心がかかっている可能性が高いですね。右利き左利きがある限り、重心は傾いてしまいます。ですから、重心は真っ直ぐにはなりません。ですから痛みの出ない範囲まで戻してあげる事が大事です。 椅子に座っている時でも重心が偏っていますので長時間同じ姿勢をしないようにしましょう。 前側に重心がかかっている猫背の姿勢でも股間節に負担がかかります。重心が前にあるので太ももの前が固くなります。太ももの筋肉は股間節の前側に付くので股関節の動きに制限をかけてしまいます。ですから普段の姿勢も非常に大事になってきます。 しゃがむ時の股関節の痛みを放っておくと・・・ 股間節の痛みを放っておくと、股関節の痛みから腰の痛みを出してしまいます。 痺れの原因になったり、関節症の原因になってしまうのでしっかり早期に改善していきましょう。 まとめ 靴紐が結べない程の股関節の痛みを放置せずにしっかり改善していきましょう。早めの処置がとても大事ですね。 今回のテーマで何か気になる点、質問がありましたら、お気軽にご連絡下さいね。 お待ちしております。 今回も最後までお読み頂ありがとうございます。 ではまた次のブログでお会いしましょう。    

股間節の内側の痛みを自宅で改善したい方へ。

    • 柏の股関節の痛み

皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。 今回は股間節の内側に痛みを感じている方に解説していきます。 腰に痛みを抱えている方、膝に痛みを抱えている方は特に股関節の内側に痛みを抱えている時が多いですよね、しっかりと改善できる方法を探していきましょう。 股間節の内側の筋肉を緩めよう!。 股間節の内側には体を支える、内転筋があります。この筋肉がどうして固くなるのかは次の項目でお伝えします。 筋肉を緩める為にはまずはストレッチが大事です。 ストレッチの方法は内側の筋肉を伸ばす事ですが、ポイントを抑えないと上手く伸びません。 椅子に座った状態で足を組みます。その状態で膝を下に押していきましょう。 そうすると股関節の内側の筋肉が伸びます 真っ直ぐ下におろしていきましょう。伸ばす時に痛みが出る方はまずは股間節の付け根から下に向かって伸ばすようにマッサージしましょう。 それからストレッチをすると効果的です。 歩く姿勢をも気をつけましょう。猫背で歩いてしまうと前側に重心がかかってしまうので足に負担がかかってしまいます。 歩く時は目線を上げて歩幅を広げて歩いていきましょう。そして手を振って歩いて下さい。そうすると推進力が付くので足が出やすくなります。 その結果足にかかる負担が減るので太ももの内側の筋肉に負担がかかりにくくなります。 実践してみて下さいね。 太ももの筋肉の内側は何をしているの? 太ももの内側の筋肉は股間節と足を結んでいる筋肉です。そして体を支える筋肉になります。ですから、重心がかかる方の足が固くなります。 特に運動をする方、ランニングをする方は体のブレを抑えるため内側の筋肉が固くなります。走る競技の方はしっかりとチェックしましょう。 筋肉を固いままにしておくと 内側の筋肉を固いままにしておくと、腰の痛みの原因になります。そして膝の痛みの要因になります。 スポーツをされている方は、ケガの原因になりますし、パフォーマンスも落ちてしまいます。 しっかりと痛みを感じる前に筋肉を緩めていきましょう。 まとめ 太ももの筋肉の固さを放っておくとケガの恐れがあるので早めの対処が必要です。 上記のストレッチを一日一回するだけで変化が出るのでしっかり行ってくださいね。 今回のテーマで気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せ下さいね。 お待ちしております。 今回も最後までお読み頂きありがとうございます。 ではまた次のブログでお会いしましょう。              

柏で足を上げる時に股関節の前側に痛みが出る方へ

    • 柏の股関節の痛み

皆さんこんにちは柏鍼灸整骨院の山野辺です。 今回は足を上げると股関節の前側に痛みが出る方について解説していきます。歩く時に足を上げると痛みが出る。車に乗る時に足を上げる時に痛みが出るなど日常の生活の中で足を上げる事は多いと思います。ですから痛みをしっかり改善して日常の痛みのストレスを改善していきましょう。 足の前側には何があるの? 足の前側には、太ももの筋肉があります。この筋肉の付け根は股間節の前側にある出っ張っている骨です。足を上げた時に股関節の前側に痛みが出やすいんですね。 この太ももの筋肉は体を支える重要な筋肉になってくるので、この筋肉に痛みが出てくると腰に痛みが出たり、膝に痛みが出たりするので、太ももの筋肉に痛みが出た時は早めに改善していきましょう!。 太ももの前を緩めよう!。 痛みが出ている時は、まずは固くなっている筋肉を緩めましょう。 太ももの筋肉はたっている状態で足首を持ち太ももの前を伸ばすのがオーソドックスですよね。ここから足を持つ手を反対側の手にするとクロスするので太ももの前の筋肉をのばす事が出来ます。 もう1つのポイントは股間節の筋肉を緩めましょう。足の付け根になるので股間節も一緒にストレッチをするとより効果的です。 普段の姿勢も重要です。 普段の姿勢も重要になってきます。 悪い姿勢は猫背の姿勢です。猫背の姿勢になるとお腹側が圧迫されるので足があがりにくくなり足の動きを抑制してしまいます。そうすると筋肉が動かなくなるので固くなってしまう要因になります。車に乗る際に足を上げた時に出る痛みはこれが原因ですね。 それと猫背の姿勢で歩くと重心が前にかかるので太ももの筋肉に負担がよりかかってしまいます。 ですから普段の姿勢から、足に負担がかかってしまうんですね。 太ももの筋肉に痛みがなくなると!。 太ももの筋肉に痛みがなくなると歩く時のストレスがなくなりスムーズに歩けます。そうすると腰や膝にも負担をかけずに歩く事が出来ます。 まず、しゃがむことがスムーズにできるようになるので、家事をしている時の煩わしい痛みがでなくなります。とっても効率が上がりますよ。 まとめ 太ももの前の筋肉は体を支える大事な筋肉になります。この筋肉に痛みが出ると必ず腰痛や膝痛の原因になります。しっかり早期に改善していきましょう。 何かご質問や気になる点がありましたらお気軽に当院までご連絡ください。 お待ちしております。 今回も最後までお読み頂きありがとうございます。 ではまた次のブログでお会いしましょう。      

柏で、レントゲンに写らない股間節の痛みでお悩みの方へ

    • 柏の股関節の痛み

皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。この度はブログにお越し頂きありがとうございます。今回は股間節の痛みにお悩みの方、特に「レントゲンでは異常なし」の方にたいして解説していきます。痛みが出るとまずレントゲンの検査をしようと思われる方は多いと思います。不安な気持ちでレントゲンの検査を受けたのに結果は異状無しです。でも股間節に痛みがあります。痛みの原因はどこにあるのでしょうか? レントゲン検査について。 レントゲンは検査の機械だという事は皆さんご存知ですよね。レントゲン検査でも写るもの写らないものがあります。 レントゲンは骨を中心に撮影します。骨折であったり変形性の関節炎等を見つけます。 ですから、骨を支える筋肉などの軟部組織はレントゲンには写りにくいですね。その為レントゲンに写らない時異常がないと言われた時はまずは骨や関節は大丈夫だと安心してください。 ではどこに痛みがあるのでしょうか? レントゲンに異常がない時はどこに痛みの原因があるのでしょうか? それは骨や関節を支える筋肉や靭帯組織ですね。 大きく見分けるポイントとしては、痛みの出方に変化があるという事です。 日によって痛みの強さが違ったり、朝起きた時や夕方でも痛みの出方が違ってり、お風呂で温まった後は痛みが軽減していたりと痛みに変化がある時は筋肉が原因である事が多いです。 骨や関節に痛みの原因がある時は痛みは変化しにくいですね。骨は固いので外部の影響を受けにくい為です。 筋肉に痛みが出ている時の検査法 筋肉に痛みの原因がある時の検査法もあります。 それは「エコー検査」です。エコー検査ではレントゲンに写らない筋肉が傷んでいる個所を見つける事が出来ます。鮮明に映るのでとても分かりやすいですし体に副作用もありません。 治療法も変わってきます!。 レントゲンに写らなくても病院での検査だけでは、痛み止めや湿布、注射などの処置になってしまいます。 でもそれは筋肉に対しての治療法ではないので痛みは改善しにくいですね。しっかりと痛みの原因である筋肉を治す治療をして行きましょう。 まとめ レントゲンの検査だけに頼らずしっかりとご自身の痛みの原因が何処にあるのかをしっかり見つけて改善していきましょう。 もしご自身で考えてみても答えが見つからないようであればお気軽の当院までご連絡ください。お待ちしております。 今回も最後までお読み頂きありがとうございます。 ではまた次のブログでお会いしましょう。      

柏でお辞儀をすると股関節に痛みが出るあなたへ

    • 柏の股関節の痛み

皆さんこんにちは柏鍼灸整骨院の山野辺です。この度はブログにお越し頂きありがとうございます。今回は股間節の痛みについて解説していきます。お辞儀をした時に股関節に痛みを感じたことのある方も多いと思います。お辞儀をしたらどうして股関節に痛みが出るのでしょうか?。一緒に考えてみましょう。 股間節の動きを考えよう。 お辞儀や中腰をした時に腰や股関節の痛みがでる事がありますよね。それはいったいなぜでしょうか? 前かがみになると腰に痛みが出るのはわかりやいですよね。でも股間節にも出るんですねそれには理由があるんですね。 実は腰の動きと思っていた動きのほとんどは股間節の動きによるところが多いんですね。ですから、中腰の姿勢で痛みが出る事も多いんですよ。 前後の動きの他にも股間節を開脚させる動きもありますね。 改善法もありますよ!。 股間節の痛みを放っておくとギックリ腰や、坐骨神経痛の原因になってしまうのでしっかりと改善していきましょう。 お辞儀をする時の股関節の痛みの改善法は、まずは股間節のストレッチですね。これは非常に大事ですね。それと共に太ももの後ろの筋肉も伸ばしていきましょう。前に動き伸ばしていくので、足の後ろの筋肉も伸ばしていかないとダメですね。しっかり伸ばしていきましょう。 忘れてはいけないのが普段の姿勢です。重心が片方の股関節にかかったままだと股関節に痛みが出やすくなりますね。それと座り方です。座り方が悪いと痛みが出る原因になりますね。姿勢もそうなんですが長時間同じ姿勢を続けるのが良くないんですね。できたらこまめに動きを付けていきましょう。 股関節の柔軟性をつけると・・・ 股間節の柔軟性をつけるといい事がたくさんあります。 それは腰の痛みが出にくくなりそして膝の痛みの改善に繋がります。 運動をする時でも体の柔軟性がつくのでケガの予防にもつながりますし、パフォーマンスにもつながりますので、しっかりと股関節の柔軟性をつけて行きましょう。 ゴミが拾えない、靴の紐が結べない等の症状が出ると日常の生活に影響が出るので気を付けましょう!。 まとめ 股間節は体の中でもとても重要な動きをしています。その為重柔軟性をつけておくと痛みやケガの予防になりますよ。 今回のテーマで気になる点疑問な点ご質問がありましたらお気軽にご連絡くださいね。 お待ちしております。 今回も最後までお読み頂きありがとうございます。 ではまた次のブログでお会いしましょう!。          

初回キャンペーン!
ネット・電話予約限定

10月末日までの期間限定

施術1回 通常 7000

初回限定

2980

■初回ご来店時のみ有効のサービスです
■ご予約時に初回であることをお申し付けください
■他の割引サービスとの併用はできません

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見て施術の予約をしたいのですが」と、お伝えください。

04-7142-2525 04-7142-2525

8:45〜12:30/14:00〜20:30 (土日祝は8:45〜18:00)

柏鍼灸整骨院

住所
〒 277-0841
千葉県柏市あけぼの1-1-23
アクセス
柏駅西口から徒歩4分
お子様連れの来院も大歓迎!
新規の方随時受付中
代表者
山野辺 昇
電話番号
04-7142-2525 04-7142-2525

受付時間外も施述できます。ご相談ください。

営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

ソーシャルメディア

LINEアプリの「友達追加」からQRコードを読み取ってご登録ください

LINE ID
@xht5472i
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP