柏鍼灸整骨院

柏駅から徒歩4分
どうしていいのかわからい方1度ご相談ください。
新患の方随時受付中

住 所
千葉県柏市あけぼの1-1-23
営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

柏でウォーキングをしていると足が痺れる方へ

柏で足が痺れる方へ

皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。この度はブログにお越し頂きありがとうございます。今回はウォーキングをしていると足が痺れてくる方の症状について解説していきます。ウォーキングはとても健康に良い運動です。ですが無理をしていると腰の痛みや足の痺れの要因になります。しっかりと理解して行うととても効果的です!

足が痺れてくるのはどうして?

足に痺れが出てくる要因は数多くあります。その中でも有名なのが「坐骨神経痛」「椎間板ヘルニア」「脊柱菅狭窄症」等があります。

痺れが出る要因は神経が通り道のどこかで圧迫されているからです。その要因で有名なのが上記の3つの症状です。今回はウォーキングをしていると痺れが出る症状に対しての解説です。言い換えると筋肉を使っていて負担がかかると痺れが出る症状なので「椎間板ヘルニア」「脊柱菅狭窄症は除外します。

「坐骨神経痛」は椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症の症状以外を指します。

「坐骨神経痛」は筋肉が原因で起こる症状です。

ですから歩き続けると痺れが出る症状は坐骨神経痛の症状と言えます。

歩き続けると痺れが出るのは何かしらの原因で筋肉に負担がかかり神経を圧迫してしまうからですね。

神経を圧迫している要因は?

ウォーキングをしている時に神経を圧迫している要因は筋肉です

最初のは痺れがでないのにしばらくすると痺れが出てくる症状が多いですね。

なぜかというと筋肉の使い方が悪いため、筋肉に負担がかかり硬くなって神経を圧迫する為です。つまりは歩く姿勢が悪いからです。

歩く姿勢が悪いため片方の足により負担がかかり神経を圧迫して痺れを出すんですね。

悪い姿勢とは?

悪い姿勢とは、つまり猫背の姿勢です。猫背の姿勢は重心の軸が前側にかかり、太ももとお尻の筋肉でバランスを取ります。すると神経の通り道はお尻の筋肉なので猫背の姿勢で歩くと負担がかかって硬くなってしまいます。その結果足に痺れが出てしまいます。

予防法は?

予防法は姿勢を良くして歩く事ですが、ポイントがあります。

まず目線を上げて下さい。目線を上げるだけで、猫背の姿勢が緩和されます。それで体が起きますので次は膝を伸ばしましょう。その二点を気を付けるだけで、歩く時の負担が軽減します。是非試してみて下さいね。

まとめ

結果としてウォーキングをしている時に痺れが出るのは悪い姿勢で歩く為に筋肉に負担がかかり硬くなってしまい神経を圧迫する為です。

良い姿勢で歩くように気を付けてみて下さいね。わからない、上手くできないなどがありましたらお気軽に当院までご連絡くださいね。お待ちしています。

今回も最後までお読み頂ありがとうございます。

ではまた次のブログでお会いしましょう!。

 

 

 

  • 柏の座骨神経痛
  • 柏の腰痛

初回キャンペーン!
ネット・電話予約限定

施術1回 通常 7000

初回限定

1,980

■初回ご来店時のみ有効のサービスです
■ご予約時に初回であることをお申し付けください
■他の割引サービスとの併用はできません

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

04-7142-2525 04-7142-2525

8:45〜12:30/14:00〜20:30 (土日祝は8:45〜18:00)

柏鍼灸整骨院

住所
〒 277-0841
千葉県柏市あけぼの1-1-23
アクセス
柏駅西口から徒歩4分
お子様連れの来院も大歓迎!
新規の方随時受付中
代表者
山野辺 昇
電話番号
04-7142-2525 04-7142-2525

受付時間外も施述できます。ご相談ください。

営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

ソーシャルメディア

LINEアプリの「友達追加」からQRコードを読み取ってご登録ください

LINE ID
@xht5472i
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP