柏鍼灸整骨院

柏駅から徒歩4分
どうしていいのかわからい方1度ご相談ください。
新患の方随時受付中

住 所
千葉県柏市あけぼの1-1-23
営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

自分で出来る坐骨神経痛の痛みと痺れを緩和するポイント。

坐骨神経痛と足首の痛みの関係性について

【自分で出来る坐骨神経痛の痛みと痺れの緩和法】

皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。

今回は自分で出来る坐骨神経痛の緩和法を解説していきます。

坐骨神経痛でお悩みの方は多いと思います。治療に行くのはとても大事です。でも自分でもセルフケアが出来た方が良いですし、通院できない方もいらっしゃいますので自分で出来るセルフケアのポイントをお伝えします。

坐骨神経痛の痛みと痺れを緩和するポイントは?

痛みと痺れを緩和するポイントは太ももの後ろにある、「内転筋群」です。

この太ももの後ろから、内側に流れている内転筋をゆるめていくと、腰・骨盤を支える大事な筋肉なのでとても効果があります。

逆に内転筋の筋肉が固くなって動かなくなってしまうと、腰や骨盤の動きが悪くなるので、痛みや痺れの要因原因になってしまいます。

この内転筋を緩める為には、

足をこの姿勢で組んで頂いて内側の筋肉を伸ばしていって下さい伸ばす時間は20秒です。この姿勢のまま上から下に向かって擦っていくと筋肉を緩める効果があります。

どうして内側の筋肉が固くなるの?

内転筋が固くなる理由は、重心がかかると外側に負担がかかってきます。その外側に負担がかかるのを内側の筋肉で支えます。この姿勢が長く続くと内転筋に負担がかかり固くなります。

普段の姿勢や、立ち方、歩き方の負担を内転筋の動きで体を支えています。その為非常に大事な筋肉になります。しっかりと固くせずに緩めて行きましょう。

日常生活のポイント。

日常の生活の中で負担をかけないポイントがあります。

それは歩き方です。歩き方を変えるだけで、足・腰にかかる負担が減ります。

その歩き方は目線を上げて、歩幅を広げて、腕を振ります。歩幅を広げる事によって足が前に出やすくなります。足の動きが良くないると足にかかる負担が減って筋肉を固くしないようになります。この歩き方を日常の生活の中で出来るようになると非常に効果です。是非試してみて下さいね。

もう一つはお風呂で良く温まる事です。湯舟に10分以上はつかるようにしましょう。温まると血流が良くなるので筋肉が緩みやすくなります。

まとめ

坐骨神経痛の痛みと痺れを改善するポイントは内転筋を緩めて腰・骨盤の動きを良くすることです。ストレッチも効果的ですし、良く温める事も非常に大事です。

今回のテーマで気になる点ご質問がありましたら、お気軽に当院までご連絡下さいね。

お待ちしております。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます。

ではまた次のブログでお会いしましょう。

 

 

  • 柏の座骨神経痛

初回キャンペーン!
ネット・電話予約限定

8月末日までの期間限定

施術1回 通常 7560

初回限定

2980

■初回ご来店時のみ有効のサービスです
■ご予約時に初回であることをお申し付けください
■他の割引サービスとの併用はできません

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

04-7142-2525 04-7142-2525

8:45〜12:30/14:00〜20:30 (土日祝は8:45〜18:00)

柏鍼灸整骨院

住所
〒 277-0841
千葉県柏市あけぼの1-1-23
アクセス
柏駅西口から徒歩4分
お子様連れの来院も大歓迎!
新規の方随時受付中
代表者
山野辺 昇
電話番号
04-7142-2525 04-7142-2525

受付時間外も施述できます。ご相談ください。

営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

ソーシャルメディア

LINEアプリの「友達追加」からQRコードを読み取ってご登録ください

LINE ID
@xht5472i
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP