柏鍼灸整骨院

柏駅から徒歩4分
どうしていいのかわからい方1度ご相談ください。
新患の方随時受付中

住 所
千葉県柏市あけぼの1-1-23
営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

仰向けで寝ても腕の痺れが改善しない方へ

 

自分で出来る五十肩の体操法

【仰向けで寝ても腕の痺れが改善しない方へ】

皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。

今回は腕の痺れについて解説していきます。

腕の痺れの原因・要因は数多くあります。

腕の位置によって、痺れが強くなったリ弱くなったリ変化が出る方がいらっしゃいます。

仰向けで寝ても腕の痺れが改善しない方もいらっしゃいます。それはなぜでしょうか?

一緒に考えていきましょう。

腕の痺れの原因は?

 

痺れが出るという事は、どこかで神経が圧迫されているという事です。

その圧迫されている場所によって症状が違います。

一番有名なのが首のヘルニアですね。首の関節の場所で神経を圧迫されてしまう症状ですね。

その次は胸郭出口症候群という名前で肩関節の場所で神経を圧迫する症状です。基本的には肩の周囲の筋肉が固くなってしまって神経を圧迫します。

見分け方としては首の動き・特に上を向いた時に痺れが強くなる時は首の関節が原因である時が多いです。ポイントは下を向いた時や、首の他の動きをした時も痺れが出るようであれば周囲の筋肉が原因である時が多いです。

肩の位置で症状が変化する時は筋肉が原因である時が多いですね。肩を支えているのは、筋肉です。肩の位置で筋肉の固さが変わります。それで変化が出るんですね。

しっかりと見分けていきましょう。

仰向けでも症状が出る時は?

仰向けで寝る時は、一番リラックスする時ですね。それでも症状が出る時は余程神経の通り道が固くなっている証拠です。

仰向けで寝た時に頭側から肩の位置を確かめて下さい痺れが出ている方の方が浮いているはずです。よく見てみて下さいね。

肩の位置が前に行ってしまって固まってしまうんですね。腕の神経は肩の前側を通っていくので神経の通り道が狭くなってしまうんですね。

仰向けで症状が強くなる方は肩の柔軟性をつけて肩が床につくような柔軟性を目指していきましょう。

日常生活の注意点は?

日常の生活の注意点は?。

まずは普段の姿勢ですね。普段の姿勢が猫背になっているようでしたら、まず猫背を改善していきましょう。

歩く姿勢の時に目線を上げてみて下さい。目線を上げるだけでも姿勢が戻ってきます。逆に姿勢を良くしようと体を反らしてしまうと、腰を痛めてしまうので、まずは目線を上げるところからチャレンジしてみてくだださい。

まとめ

腕の痺れが出る原因の多くは肩の周囲の筋肉の固さにあります。その為肩の筋肉が固くなってしまうと仰向けでも痺れが出るようになります。

しっかりと肩の動きを良くしていきましょう。

今回のテーマで気になる点ご質問がありましたら、お気軽に当院までご連絡下さい。

お待ちしております。

今回も最後までお読み頂ありがとうございます。

ではまた次のブログでお会いしましょう。

 

 

 

 

  • 柏の首(頸椎)ヘルニア

初回キャンペーン!
ネット・電話予約限定

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 7000

初回限定

2980

■初回ご来店時のみ有効のサービスです
■ご予約時に初回であることをお申し付けください
■他の割引サービスとの併用はできません

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見て施術の予約をしたいのですが」と、お伝えください。

04-7142-2525 04-7142-2525

8:45〜12:30/14:00〜20:30 (土日祝は8:45〜18:00)

柏鍼灸整骨院

住所
〒 277-0841
千葉県柏市あけぼの1-1-23
アクセス
柏駅西口から徒歩4分
お子様連れの来院も大歓迎!
新規の方随時受付中
代表者
山野辺 昇
電話番号
04-7142-2525 04-7142-2525

受付時間外も施述できます。ご相談ください。

営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

ソーシャルメディア

LINEアプリの「友達追加」からQRコードを読み取ってご登録ください

LINE ID
@xht5472i
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP