柏鍼灸整骨院

柏駅から徒歩4分
どうしていいのかわからい方1度ご相談ください。
新患の方随時受付中

住 所
千葉県柏市あけぼの1-1-23
営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

レントゲンでは異常無しなのに歩いていると痺れが出てくる方へ。

坐骨神経痛と足首の痛みの関係性について

【レントゲンでは異常なしと診断されているが、歩き続けると痺れがでてくる方へ】

皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。

今回は足の痺れについて解説していきます。

レントゲンで骨に異常がないと診断されているのに長時間歩くと足に痺れが出る方も多くらっしゃいます。

骨に異常がある時は「椎間板ヘルニア」「脊柱菅狭窄症」などの症状が有名です。でも今回はそう言った骨に異常がないけど痺れが出る方に解説していきます。

痺れの原因を知ろう!。

腰から足の痺れの原因は、坐骨神経にあります。この坐骨神経がなんらかの原因で圧迫されて痺れの症状になります。

骨や関節が原因で症状を出している時は、椎間板ヘルニア・脊柱菅狭窄症の症状になります。

今回はレントゲンに異常がないので骨・関節以外が原因になります。

それは「筋肉」が原因になります。

血管や神経は筋肉の中を通って流れています。何らかの原因で筋肉が固くなり神経・血管を圧迫してしまう為に痺れの症状が出ます。

どんな時に痺れが出やすい?

痺れが出やすい時は、同じ姿勢を長時間したり同じ動きを繰り返していると痺れが出やすくなってきます。

同じ筋肉ばかり使っていると筋肉が負担に耐えられなくなって筋肉が固くなってしまい神経を圧迫してしまうんですね。

デスクワークの時も長時間座っているとお尻の筋肉が固くなってしまい痺れの症状が出てしまいます。

特に重心がかかりやすい方に症状が出やすいです。

痺れの改善方法

痺れを改善する為には筋肉を緩めて行かないといけません。特に緩める筋肉は股間節の筋肉です。坐骨神経は腰の骨から出てお尻の筋肉を通って流れていますので、お尻の筋肉が固くなってしまうと神経の圧迫の原因になるのでしっかり股関節の筋肉を緩めて行きましょう。

ストレッチも非常に大事ですがもう1つ大事な事は姿勢です。前側重心の姿勢が長時間続いていると、腰から、お尻の筋肉が固くなってしまうので注意が必要です。

しっかりと自分自身の姿勢も見直していきましょう。

歩いていると痺れが出る理由は?

最初は症状が無いのに歩いていると痺れが出てくる理由は、普段の姿勢が原因です。歩く時に負担がかかる姿勢を取っていると筋肉により負担がかかり筋肉が固くなり神経を圧迫してしまいます。悪化してくると、最初は30分持ったのに15分10分と時間が変化してくるので症状が出たらすぐに対処していきましょう。

まとめ

痺れが出る理由は筋肉の固さ、股関節の固さに要因がありますのでしっかりと柔軟性をつけて改善していきましょう。

今回のテーマで気になる点ご質問がありましたら、お気軽に当院までご連絡くださいお待ちしております。

今回も最後までお読み頂ありがとうございます。

ではまた次のブログでお会いしましょう。

  • 柏の座骨神経痛

初回キャンペーン!
ネット・電話予約限定

施術1回 通常 7000

初回限定

1,980

■初回ご来店時のみ有効のサービスです
■ご予約時に初回であることをお申し付けください
■他の割引サービスとの併用はできません

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

04-7142-2525 04-7142-2525

8:45〜12:30/14:00〜20:30 (土日祝は8:45〜18:00)

柏鍼灸整骨院

住所
〒 277-0841
千葉県柏市あけぼの1-1-23
アクセス
柏駅西口から徒歩4分
お子様連れの来院も大歓迎!
新規の方随時受付中
代表者
山野辺 昇
電話番号
04-7142-2525 04-7142-2525

受付時間外も施述できます。ご相談ください。

営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

ソーシャルメディア

LINEアプリの「友達追加」からQRコードを読み取ってご登録ください

LINE ID
@xht5472i
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP