柏鍼灸整骨院

柏駅から徒歩4分
どうしていいのかわからい方1度ご相談ください。
新患の方随時受付中

住 所
千葉県柏市あけぼの1-1-23
営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

お尻から太ももにかけての痛みと痺れで悩みの方へ

坐骨神経痛の方の日常生活注意点とは?

【お尻から太ももにかけての痛みと痺れでお悩みの方へ】

皆さんこんにちは、柏鍼灸整骨院の山野辺です。

今回はお尻から太ももにかけての痛みと痺れにお悩みの方に解説していきます。

立っていても、座っていても痛みと痺れが強くなることが多いですよね。

一般的には「坐骨神経痛」の症状ですね。まずは症状が出る原因と改善方法について解説していきます。

症状が出る原因は?

お尻から太ももにかけての痛みと痺れが出る原因は、まずは筋肉に負担がかかっている事ですね。

日常の生活の何が負担になっているのでしょうか?

一番大きな要因としては重心のかかり方ですね。右側や左側に重心がかかりますね、使いやすい方により負担がかかってしまいます。重心が右と左どちらにかかっているのか見分けていきましょう。

電車での立ち方や、台所での立ち方、仕事中での姿勢によって症状が変わります。普段の姿勢をしっかり見つめ直してみましょう

同じ姿勢を長時間続けていると症状が出やすいですね、よく体を使う事が多い方が「体は動かしているんですけどね~」とおっしゃいますが、同じ動きを繰り返すだけだと同じ筋肉だけ使うのでやはり負担になってしまいます。全体的に筋肉を伸ばしていかないとダメですね。

お尻から太ももの症状の改善方法は?

基本的にはストレッチが効果的です。股関節を支えている、お尻の筋肉のストレッチが効果的です。

ふくらはぎの筋肉を緩めるのも効果があります。立っている時は最終的にはふくらはぎの筋肉で支えるのでしっかり緩めておくと動く時の負担が減るので効果的です。

歩き方も気をつけましょう。

猫背の姿勢で中腰で歩いていると前側に重心がかかりお尻の筋肉が伸ばされて緊張してしまいます。

ですから歩き方のポイントは目線を上げて、歩幅を広げて腕を振って歩きましょう。そうすると動きが良くなるので体にかかる負担が減ります。

痛みと痺れを放っておくと・・・

痛みと痺れを放っておくとどんどん症状が強くなって椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症の原因になってしまうので早めの対応をしましょう。

まとめ

痛みと痺れの出る症状はまずは股関節の筋肉を緩めるのがポイントです。

筋肉が緩んできたら、普段の動き方を見直して改善していきましょう。

今回のテーマで気になる点ご質問がありましたら、お気軽に当院までご連絡下さい。

お待ちしております。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます。

ではまた次のブログでお会いしましょう

 

 

 

 

 

 

 

  • 柏の座骨神経痛

初回キャンペーン!
ネット・電話予約限定

施術1回 通常 7000

初回限定

1,980

■初回ご来店時のみ有効のサービスです
■ご予約時に初回であることをお申し付けください
■他の割引サービスとの併用はできません

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

04-7142-2525 04-7142-2525

8:45〜12:30/14:00〜20:30 (土日祝は8:45〜18:00)

柏鍼灸整骨院

住所
〒 277-0841
千葉県柏市あけぼの1-1-23
アクセス
柏駅西口から徒歩4分
お子様連れの来院も大歓迎!
新規の方随時受付中
代表者
山野辺 昇
電話番号
04-7142-2525 04-7142-2525

受付時間外も施述できます。ご相談ください。

営業時間
8:45〜12:30
14:00~20:30
8:45〜18:00

ソーシャルメディア

LINEアプリの「友達追加」からQRコードを読み取ってご登録ください

LINE ID
@xht5472i
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP